0 ITEMS IN CART

カートの中身は空です
新着アイテムを見る
3月18日発売ムック本掲載商品はこちら >

History

Historyのカバー写真1

60年代、アレクサンドルは、ありとあらゆる王族のヘアスタイリングにたずさわり、多くのロイヤルウェディングや王室の祝祭に関わってきました。顧客リストにはウィンザー公爵夫人、ディアーヌ・ドゥ・フランス妃、グレース・ドゥ・モナコ妃などが名を連ね、その人生は夢のような出来事にあふれていました。例えば1961年に開催されたベルサイユ公式晩餐会で、彼はジャクリーン・ケネディのシニヨンにダイヤモンドを散りばめるというアイデアを思いつきます。

Historyの写真1

フォーブル・サントノレ通りにあるサロンにはスター達がひっきりなしに訪れていました。ミシェル・モルガン、ロミー・シュナイダー、マリア・カラス、オードリー・ヘップバーン、ローレン・バコール、ライザ・ミネリ、グレタ・ガルボ、ソフィア・ローレン – 彼女にいたっては500回ヘアスタイリングを担当したとか – などの女優たちは、彼の才能にすっかり魅了されてしまいました。その才能はハリウッドでも瞬く間に引っ張りだことなり、「マイフェアレディ」の撮影においてはオードリー・ヘップバーンのヘアを担当します。また親しい友達でもあったエリザベス・テイラーは「クレオパトラ」の撮影に彼を起用させ、伝説的なヘアが実現したのです。
芸術的なシニヨンを創り出し、モード界でセンセーショナルなデビューを果たした1946年以来、アレクサンドルはココ・シャネル、イヴ・サンローラン、ユベール・ドゥ・ジバンシィ、クリスチャン・ディオール、カール・ラガーフェルド、マダム・グレ、ジャン=ポール・ゴルチェなど、偉大なスタイリストたちと常にコラボレーションしてきました。そして、その創造性にあふれたヘアスタイリングは数々のファッションショーを美しく彩り、フランスのエレガンスを象徴してきました。

Historyの写真2

1971年、アレクサンドルはパリの有名な広場にインスパイアされて、最初の高級ヘアアクセサリー「ヴァンドームシリーズ」を作り出します。そのクリエーションはまさに金銀細工そのもの。優れたフランスの手作り技と芸術的な職人技が見事に活かされています。
また現在も使われているスフィンクスのシンボルマークは、彼の友人であったジャン・コクトーが、アレクサンドルのニックネームである«le Sphinx de la Coiffure» (理髪のスフィンクス)からインスピレーションを受け、サロンのロゴのためにデザインしたものです。